• 今日7/2
  • 明日6/1
文字サイズ

あやせのものづくりを支える多様な人材から「ものづくりを再発見」

8/26

神奈川県綾瀬市
記事本文を読み上げる

受け継ぐ技術と生み出す価値

(株)鎌田理化学器械製作所
新野晃大さん

新野晃大(にいのあきひろ)さんは(株)鎌田理化学器械製作所のガラス職人だ。
「幼少期より創作が好きで、高校では芸術家を目指し金属工芸を学びました。大学では透明で艶があり、着色ができて錆(さ)びないガラスの魅力に惹(ひ)かれガラス美術を専攻し、創作活動を通して加工技術を習得しました」と柔らかい雰囲気の新野さん。
卒業後は東京の真空管を製作する町工場に就職。7年勤めた後、半導体製造装置関係や理化学器機を手掛ける同社に転職。同時に綾瀬市に引っ越しした。
「同じものを作り続けることに漠然とした不安を感じ、転職を決意しました。石英ガラス加工は特殊で難しく、要求される品質レベルが高いため、まずは先輩から技術を受け継ぎ、しっかり自分のものにして、将来的には“丸み”や“艶”など、工業製品にはない石英ガラスの新たな価値を見つけ、生み出していきたいです」と熱意のある口調で語る。
同社を代表するBtoC製品であり、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のショップでも販売されたSekiei Bell(セキエイベル)。現在は全てのベルを彼がこだわりながら作っている。受け継いだ技術を元に、新たな価値が生み出される綾瀬の町工場、目が離せない。

問合せ:工業振興企業誘致課
【電話】70・5661

       

綾瀬市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス―広報あやせ―

MENU