• 今日23/16
  • 明日20/16
文字サイズ

防災について、改めて考えてみませんか

3/21

神奈川県綾瀬市

1月1日に発生した令和6年能登半島地震では多くの方々が被害に見舞われました。地震などの自然災害はいつ発生するか分かりません。日頃からの備えが大切です。
市では防災設備の整備・更新や、さまざまな媒体による防災情報の発信などを行っていますが、いざというときのために「自分と大切な人は、自らが守る」という意識を一人一人が持つことが重要です。この機会に、改めて防災について考えてみませんか。

■防災ハザードマップが新しくなりました!
2年3月に全戸配布した防災ハザードマップの更新を行い、6年3月より順次全戸配布を行っています。市ホームページでも閲覧が可能です。
同マップでは、土砂災害や大雨による洪水被害が予想される危険箇所の掲載に加え、情報面として防災対策に対する内容を掲載しています。
今回の更新では、地図面に新たに内水浸水想定区域を追加した他、風水害においてあらかじめ避難するための行動計画「マイタイムライン」を作成できるページを追加するなど、より防災・減災に役立つような内容になっています。

◇主な追加点
〇内水浸水想定区域、家屋倒壊等氾濫危険区域の追加(P15~P30)
地図面に、大雨で排水が追い付かないときや、川の増水で雨水が排水しきれないときに発生する「内水氾濫」が想定される区域を掲載しました。また、洪水時に家屋が流出・倒壊などの恐れがある「家屋倒壊等氾濫危険区域」を掲載しました。

〇あやせマイタイムラインの記載例、記載箇所の追加(P8、裏表紙)
マイタイムラインとは、命を守る一助とするため、防災情報を基に、住民一人一人が取るべき防災行動を時系列的に整理し、災害発生前から作成しておく避難行動計画です。「あやせマイタイムライン」としてハザードマップの裏表紙に記載箇所を用意し、作成方法についても情報面に掲載しているので、ぜひ作成してください。

■正確な災害情報をキャッチしましょう
市では災害情報を迅速に伝えるためにさまざまな媒体を用意しています。

◇個別受信機
災害情報や行政情報などを一斉に放送する、防災行政用無線の個別受信機を無料で貸し出しています。設置はコンセントに接続するだけで簡単にでき、屋外スピーカーの防災無線と同じ内容を聞くことができます(一部屋外スピーカーのみで実施する放送もあり)。荒天時などの屋外スピーカーが聞き取りづらいときでも放送を聞くことができ安心です。
費用:無料(電気料金、機械で使用する乾電池は利用者負担)
申込み:同課へ直接(即日渡しが可能)

◇あやせ安全・安心メール
災害情報や防犯などに関する情報をスマートフォンやパソコンなどへ電子メールでお知らせします。
申込み:【メール】bousai.ayase-city@raiden3.ktaiwork.jpへ空メールを送信。案内メールが届いたら表示に従い登録
費用:無料(通信費などは利用者負担)

〇市LINE公式アカウント
友だち追加後の受信設定で、受け取りたいメッセージの分野を設定することができます。「防災・防犯」を選択することで、防災情報や気象警報などを受信することができます。
申込み:二次元コードから友だち追加
※二次元コード本紙掲載

問合せ:危機管理課
【電話】70・5641

       

綾瀬市より市民のみなさまへ大切な情報をいち早くお届けします。 広報プラス―広報あやせ―

MENU